PEST分析とは?(無料フォーマット付き)

概要

 PEST分析とは、企業の外部環境を調べるためのツール・テンプレートです。

 SWOT分析をはじめ、世の中でどのようなことが起こっているか、外部の事業環境はどうなのかについて、調べることが必要な場合が多いと思います。

 また、企業の外部環境を調べるにあたっては、「○○が流行っている」「○○離れが進んでおり、経営は厳しい状況が予想される」など、企業を経営していれば、何となくは分かることが多いともいます。

 とはいえ、この「何となく」では、視点に偏りが出たり、漏れが生じたりすることがあります。

 それをしっかりと押さえるため役立つのが、PEST分析です。

PEST分析

 PEST分析とは、政治(Political)、経済(Economical)、社会(Social)、テクノロジー(Technological)の4つの視点で、外部環境を把握するというものです(PESTは、この4つの頭文字をとったもので、ペストと呼びます)。

政治的(Political)

 「政治的」というと、経営にはあまり縁がないかもしれませんが、国や地方自治体の政策により外部環境は変わってきます。また、法律や規制の動向は、経営に大きな影響を及ぼす可能性があります。
 そこで、例えば、次のような要素がどうなるかを確認します。

(例)・経済政策
   ・法律・規制の変更
   ・関係団体の動向
   ・消費者保護
   ・環境保護
   ・税制・補助金  など

経済的(Economical)

 外部環境の中で、「外部環境はどう?」と聞かれたとき、一番に思い浮かぶのがこれかもしれません。
 景気などの経済的なものを確認することになります。
 例を挙げると、次のようなものになり、マクロ的な視点が多いかもしれませんが、その分、大きな影響を及ぼす部分であると言えるでしょう。

(例)・景気
   ・価格変動(インフレ・デフレ)
   ・金利
   ・為替
   ・貯蓄率・消費性向
   ・業界動向  など

社会的(Social)

 「経済的」はマクロ的な視点が強いのですが、この「社会的」は、人口の変化や人々の意識などを指し、日々の顧客に接していると、この変化のほうが感じることが多いかもしれません。
 そしてむしろ、この「社会的」を把握しないと、顧客の動向を読み切れなかったり、社会変化に対応できなかったりします。この点で、経営においては、最も重要な視点かもしれません。

(例)・人口動態
   ・人口構成
   ・女性などの社会進出
   ・文化・価値観の変化
   ・教育
   ・雇用形態  など

テクノロジー(Technological)

 どのような業界であっても、技術・テクノロジーの進展に無縁ではありません。

 同じ業界内での新技術の登場、革新的な技術などが登場すると、業界全体で影響を受けることになります。また、他の業界であっても、自社に影響を及ぼすことがあるので、注意が必要です。例えば、全く異なるIT業界によるECの発展で、小売業は大きな危機・影響を受けています。半面、Youtuberのように、新たなテクノロジーをうまく利用すれば、収益を上げることができるなど、ビジネスチャンスもあります。

 このように、テクノロジーはどうしても同じ業界だけではなく、他の業界(特にIT)にも影響がある可能性があるので注意が必要です。

(例)・技術革新
   ・代替技術
   ・IT化・IoT
   ・DX(デジタルトランスフォーメーション)
   ・AI
   ・特許などの知的財産権  など

まとめ

 PEST分析自体はたいしたものはないと思います。

 ただ、ポイントは、「漏れなく」「幅広く」考えるヒントを与えてくれるツール・テンプレートであります。
 このことから、自身だけで考えていたら、このポイントを外してしまう可能性があるので、自身だけではなく他の人の視点もあると、いいかもしれません。

 最後に、簡単にエクセルでフォーマットを用意しました。
 無料で適当にダウンロードして、使用していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました