マーケティングの4Pについて(無料テンプレート付)

概要

 マーケティング戦略を検討するにあたり、どのような視点で検討すればよいのでしょうか。

 このとき、基本的なものとして、「マーケティングの4P」があります。

 例えば、何か新しいことをやろうとしたり、企画を検討するときに、「5W2H」で考えろと言われるように、マーケティングの4Pで考えれば、マーケティングの基本は押さえることができます。

 それでは、マーケティングの4Pについて、説明します。

マーケティングの4P

 マーケティングの4Pとは、マッカーシーが唱えたマーケティング・ミックスの要素のことです。
 マーケティングにあたっては、次の4つの点で検討する必要があるとされます。

  ①製品(Product)
  ②価格(Price)
  ③プロモーション(Promotion)
  ④場所(Place)

 そして、4Pとは、これら4つの頭文字をとったものです。

製品(Product)

 どのような製品・サービスを市場に投入するかというものです。

 ここで注意すべきなのは、単に製品・サービスを考えればいいというものではありません。
 どのようなターゲットにその製品・サービスを提供するのか、そのターゲットのニーズを満たしているのか、ライバルの製品・サービスと差別化されているか、価値が上回っているかなども検討する必要があります。

価格(Price)

 価格をどうするかを検討するものです。
 特に、価格は顧客が購入を検討するにあたり非常に重要な要素であり、他のマーケティングの要素とも関連してきます。

 ターゲットに応じた価格になっているか、ライバルと比べてどうかなどは勿論ですが、割引等を含め価格の体系、支払方法、決済方法なども検討する必要があります。
 当然ながら、原価割れは問題ですので、仕入れ値や原価計算なども重要になってきます。

プロモーション(Promotion)

 どのような方法で、販促やPRなどを行うかということです。
 マーケティングといえば、まずはこの要素を思い浮かぶのかもしれません。

 リアルなDM・チラシなどから、新聞・テレビなどのマスメディア、そしてSNSに代表されるようなネットなど、様々な手法があり、どのような媒体で、どのような形でプロモーションを行うかを検討する必要があります。

 ただ、むやみやたらと広告するのは問題です。予算を決め、プロモーションの効果を検討しながら、実行に移す必要がありあう。

場所(Place)

 どこで売るか、どのような流通チャネルにのせるかなどを検討します。

 当然ながら、ターゲットに応じた販売場所・販売チャネルを検討する必要があります。そして同時に、ネットなどを含めて購入方法が多様化する中、総合的に判断することが求められます。

フィットの検討

 マーケティングの4Pの4つの要素を検討しただけではダメです。
 次の2つの点で、フィットしているかどうかが重要になります。

 1つは、各要素とターゲット顧客がフィットしているかどうかです。
 例えば、若者をターゲット顧客にしている場合、プロモーションとして新聞広告などを行っても、反応は良くないでしょう。

 2つは、各要素間でフィットしているかどうかです。
 例えば、場所としてコンビニで販売することを考えながら、価格として1万円以上のものを提供しても売れないでしょう。

まとめ

 以上のように、マーケティングの4P自体は、4つの項目を検討するだけです。
 ただ、その背後には、深い検討が必要なものでもあります。

 なお、エクセルのテンプレートを添付しています。

 書いてみて、それぞれの項目が1行ぐらいで終わるようならば、検討不足といえるでしょう。

 無料ですので、ご自由にお使い、検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました