債務超過とは

 債務超過とは、一言で言えば、

  「債務・借入が非常に大きく、純資産がマイナスになっている状態」

です。

 貸借対照表を見たときに、「純資産」の数字がマイナスになっていれば、債務超過と言えます。

(通常)
 貸借対照表(B/S)を見たとき、債務超過でなければ、右下にプラスの純資産があります。

(債務超過)
 しかし、債務超過の場合には、純資産がマイナスで、総資産以上に負債が大きいことから、下図のような感じになります。

 このような会社は、借入が非常に多く、現預金や資産売却でも借入金を返すことができないため、非常に経営的には厳しい会社と言えます。

 このこと自体は、貸借対照表を見れば、一目瞭然ですが、実はそうでないときもあるので、注意が必要です。

実は債務超過ではないとき

 一見すると、純資産がマイナスですが、借入で「役員借入金」があったとしましょう。
 役員借入金は、その会社の役員が会社にお金を貸している状態です。

 このときには、借入金と言っても、その会社の役員が会社に対して取り立てすることは少なく、返済しなくても、その役員が我慢すればいいだけです。

 ですので、借入金が多いといっても、役員借入金であれば、通常の借入金とは違った見方をします。

 特に、中小企業においては、社長が会社にお金を貸して、役員借入金という処理をしていることが多く、実質的には資本金を出しているのと似ている状態とも言えます。そこで、中小企業では、中小企業特性ということで、役員借入金は資本金とみなされたりすることがあります。

実は債務超過のとき

 一見すると、純資産がプラスで債務超過ではないときがあります。

 例えば、売掛金・棚卸資産などの資産があったとしても、実は焦げ付いていたり、劣化して資産的な価値がなく、お金にならないことがあります。

 これらは本来、損失を出し黒字を減らすことで、純資産を減らす必要があるのですが、そのような処理がなされていないと、純資産が現実よりは大きくなります。

 このように、資産価値があるかどうかを改めてみることを、決算書を「洗い替える」などと言ったりもします。そして、この洗い替えの結果、債務超過になるときは「実質債務超過」などと言ったりもします。

まとめ

 債務超過の考え自体は、借入金があり、純資産がマイナスであれば、一目瞭然で分かります。

 しかし、実は違うことがあるというのは、覚えておく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました